婦人

ヒアルロン酸で美貌を手に入れる|安全な美容成分です

施術の流れを知ろう

微笑む人

理想のバストを手に入れる方法には食生活の改善やサプリの摂取などがありますが、一番確実な効果を得る方法は豊胸手術です。美容外科などで行なっている豊胸手術は、相談者の希望に合わせて脂肪注入やシリコンバッグを入れるなど様々な方法を考えていきます。しかし、身体にメスを入れる豊胸手術だと、バストアップ効果は高いですが費用も高くなる上に身体への負担も大きくなります。そのため、初めて豊胸する人にとっては敷居が高く、なかなか実践できないのです。そこで、メスを使わないヒアルロン酸注入によって手軽にバストアップを叶えている女性が年々増加しています。ヒアルロン酸注入でバストアップをすると、シリコンバッグを入れるよりも自然な仕上がりになり、形も違和感がありません。実は、ヒアルロン酸にはバスト用と顔用が分けられていて、バスト用のヒアルロン酸は粒子が大きいので想像以上に弾力があります。そのため、触り心地も普通の胸とほとんど遜色ないので周囲の人も豊胸手術をしていると気づきにくいのです。さらに、ヒアルロン酸の注入方法によっても硬さに違いが生まれてくるので、より本物の胸と同じ弾力が欲しいのならカウンセリングの段階で注入方法について確認しておきましょう。ヒアルロン酸を注入してバストアップをすれば施術の後がほとんど目立ちませんし、痛みもそこまで感じないのですぐに日常生活に戻れます。

美容クリニックで豊胸手術を行なう時、患者の悩みを聞くためにカウンセリングが行われます。胸を大きくしたい、左右のバランスを整えたいなどヒアルロン酸を注射する目的は人それぞれなので、医師や施術スタッフが詳しくヒアリングを行なって要望に合わせた方法を考えていきます。この時、施術方法や料金などを説明されますが、初めてだと専門用語の意味がわからないこともあるので、疑問や不安があるならその場で質問すると良いでしょう。カウンセリングをした後はいよいよ本格的な施術に入っていきますが、最初に施術を行なう胸に消毒や麻酔をするので患者はほとんど違和感を感じること無く施術を完了させられます。消毒で施術の準備をするとヒアルロン酸の注入を行ない、施術を行なう場所を確認しながら、徐々に患者が望む形へと整えていきます。施術後は医師と一緒に鏡などで施術部位を確認し、要望通りの胸になっているかチェックを行ないますが、場合によって術後は患部が腫れていることもあるので不安を感じたら医師に現状の説明をしてもらいましょう。自宅に帰った後は特にアフターケアをしなくても問題はありませんが、医師に相談すれば万が一に備えて痛み止めや化膿止めを処方してもらえます。